お試しセットを注文して3日で届きました。
 
自宅に届くと思っていましたが
あじかん焙煎ごぼう茶はメール便なのでポストに届きます

 

こんな感じの封筒で送られてきます。

 


中身を開けるとこ、『山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶』の説明
その他のあじかんショップの商品が紹介されたる冊子があります。
 

 

 

あじかんショップの焙煎ごぼう茶には2つが用意されているのはご存知ですか?

 

国産あじかん焙煎ごぼう茶

 

●つくば山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶

 

詳しくはは別記事にて書いてありますのでコチラからどうぞ。

 

 

それで私が注目したのは南雲先生監修の山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶です。

 

茨城県の山崎農園で作られた高級ごぼう茶です。

 

国産とゆうよりは茨城県山崎農園産と言うほうがわかりやすかもしれませんね^^

 

 

TV,雑誌で話題の南雲先生監修あじかん焙煎ごぼう茶 

 

原材料名のみ!!

 

関西人なのでごぼうのみかいって突っ込みたくなりますが、

 

普通のごぼうではない山崎農園産の高級ごぼうとあじかん独自の焙煎技術を使っているで、これだけで十分ですね。

 

今の時代、美味しくしようと色々な物が中に入っている時代ですが、これも安心して飲めるごぼう茶だと思います。

特許出願中の焙煎製法でアク抜きしないでごぼうを美味しくの飲めるようにしている
ごぼうのえぐみやアクはごぼうにの皮の周りにあるポリフェノールなんですね。水につけたりすることで、ごぼうの栄養素が薄まってしまいす。
どうにかアクを抜かずに美味しくできないかって開発されたのが独自の焙煎だそうだ。

 

南雲先生監修のごぼう茶を開けて見た

 
口コミでも書いてあったのですが、パッケージを開けると、香ばしいにおいがします。
これは口コミ通りですね。
実は私はごぼう茶を飲むのが始めてなんです。
そして、ごぼうはあまり好きなほうではありません^^;
でも山崎農園産の焙煎ごぼう茶のニオイは嫌いではなかったです。

 

土っぽさは強くないですが、土ごぼうって感じですかね。
表現が難しいですが・・・
中身を開けてみるとティーパックが7個入ってあります。

 

実際に焙煎ごぼう茶を作ってみました

南雲先生監修の山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を美味しく作るとゆうことで、冊子に解説があったので実際に作ってみました。

 

一つ目は煮だしにしてごぼう茶を作ってみました。

 

150ccのお湯に沸騰したお湯も入れたときの写真です。
お湯をいれると、パッケージを開けたときよりも、ごぼうの風味がします!
味はも、ごぼう茶!って感じです。
 
二つ目つ目は水出しごぼ茶
ペットボトルに焙煎ごぼう茶のティーパックを一入れて、数回、振ります。
そして2時間後には画像の様になりました。

 

しっかりと、色がついています。飲んでみると、味はしっかり目についていて、飲みやすい感じでしたよ。これなら外に持っていってもOKです。

 

旦那はメタボ体系なので南雲良則先生のごぼう茶飲んでみたらと声をかけてみたら、飲んでみるとのことだったので、両方を焙煎ごぼう茶を飲んでもらいました。水出しの方が飲みやすいとの事でした。これでごぼう茶ダイエットしよう?なんて言っていましたが継続しないと駄目なんですけどね笑

 

 

実際飲んでみた私のレビューですが、味より香りのほうが強いと感じました。
飲みやすい、飲みにくいといえば、飲みやすいと思います。
ごぼうのにおいがどうしても嫌って方には向いていないと思います。
ごぼうが好きでも嫌いでもなければ、美味しく頂けます。